【経営参謀グッドウィル】
経営コンサルタント・小橋壽也の経営コラム
RSS

知的資産経営を考える

|療資産経営とは



知的資産経営報告書を作られている会社が出てきています。私も最近、企業訪問した際に
いただく場合があります。

経済産業省では、この「知的資産経営」を中小企業活性化の一つとして進める方向になって
いるようで、ガイドラインや「知的資産経営報告書」の作成マニュアルなどが公開されてい
ます。
まだ制度として確立していませんが、「知的資産経営評価融資」や「知的財産担保融資」の
ガイドラインが出され、金融機関もこの流れに沿った融資を行うケースが増えてきています。

「知的資産経営」と言う言葉を聴くと、何か難しい経営概念を連想しそうですが、決算書(財
務諸表)などの数値では判断できない会社の魅力を社内外にアピールするための考え方です。

経営者や金融機関の方々は、会社の決算書を見て1年間の業績を把握される場合が多いと思
いますが、果たして、それだけで会社を「正確に判断」できるのでしょうか。確かに会社を
客観的に判断する材料として、決算書は欠かすことのできない大切な経営(財務)資料です。
また、数値的に表されているので、読み違いが少なく、様々な分析手法を使って会社の業績
を判断できるため、重宝な経営(財務)資料として使われてきたのです。しかし、財務的な
数字の追求だけで、その会社の全てを把握できると言えるのでしょうか。
このような疑問から考え出された概念が「知的資産経営」なのです。

知的資産とは、決算書(財務諸表)に載っていない資産のことで、基本的に「人材・技術・
技能・特許やブランドなどの無形資産(知的財産)・組織力・経営理念・社長の思い・顧客
とのネットワーク」などを指します。これらこそが会社にとっての競争力の源泉なのです。
知的資産が自社の強みにどうつながっていくのか、どのような課題があって、どういう知的
資産が不足しているのかを把握しながら、知的資産を軸に現状を把握し、将来展望を考えて
いくのが「知的資産経営」です。

この内容をまとめ(見える化し)、報告書として編集(魅せる化)したものが「知的資産経
営報告書」で、自社の関係者(従業員、金融機関や学生など)に開示する資料として活用(活
かす化)されます。

決算書を数値的に明確にした業績資料と位置づければ、知的資産経営報告書は会社の業績の
源泉となる数値化しにくい「会社の良さ」=「魅力」=「強み」=「弱みの克服」など、定
性的な要素や情報を明確にし、明文化した資料として位置づけられます。

知的資産を一度棚卸して、自社の強み(競争力)や事業価値の提供できるビジネスモデル再
認識し、さらなる経営力の向上を図りましょう。今こそ「経営力の源泉を“見える化”し“魅
せる化”し“活かす化”」を行う時代なのです。

FirstUpload 10/09/10-01:17 : LastUpdate 10/09/10-02:15

Copyright © 経営参謀グッドウィル All Rights Reserved. Script by Petit CMS Designed by info-cache.com